激しい運動を避けるべき理由

清潔感など身だしなみの一つとしてエステサロンなどで全身脱毛を行う人が増えています。全身脱毛の施術を受ける上で、避けなくてはいけないのが施術前後の激しい運動です。脱毛の施術が受けられる大半の所で激しい運動は控えるようにという注意喚起をしていますが、これは肌トラブルが理由の一つにあります。人によって個人差はありますが、外部からの刺激に弱い敏感肌の人は、施術を受けた後に赤みや炎症などが起こるケースも少なくありません。運動は体の血流を良くして体温の上昇効果が生まれるため、術後に体に停滞している熱を放出し難くなると言われています。これにより、敏感肌ではない人でも、炎症などの肌トラブルが起こりやすくなってしまうのです。

制汗剤による脱毛効果の減少

運動をした後に汗による不快な匂いを抑えるために制汗スプレーなどを使用する人も多くいます。制汗剤は毛穴に付着することで汗の分泌を抑えて匂いの発生を防ぐアイテムです。制汗剤を塗布されている状態で施術を受けてしまうと、レーザーを始めとした機器の効果が半減してしまうことがあると言われています。せっかく高い金額を支払ったのに思うような効果が得られなければ意味がありません。そのため、例え運動を行わなかったとしても、当日の制汗剤の使用は避けるのが基本です。脱毛をした直後ならば問題ないのでは?と考える人もいますが、毛穴を塞いでしまうことで熱の放出を妨げてしまいます。人によって個人差はありますが、施術を受けてから5日程度は使わないことが大切です。