施術後の肌は敏感になっている

全身脱毛の施術は、肌にレーザーを照射します。そのため、施術の後は肌とその内部が熱をもった敏感な状態となっています。紫外線のダメージも普段より大きくなってしまうため、施術後家に帰る時に日焼けしてしまうと肌トラブルのもとになるのです。日焼け止めを塗ったり、帽子や日傘などで日差しを避けたりなど、防御策を取る必要があります。何の対策もせずに日焼けしてしまうと赤みや痒みが出たり、ひどい時は炎症を起こしたりすることもあります。しっかり紫外線対策をするとともに、家に帰ってからは保冷剤で冷却したり、クリームやジェルで保湿したりしてケアすると良いでしょう。ほてりが静まり、敏感になった肌を早く鎮めることができます。

施術前も日焼けに気をつける

日焼けに気をつけなければならないのは、施術後だけではありません。施術を受ける前も、日焼けしないように注意する必要があります。全身脱毛の施術で使用するレーザーは、メラニンの黒色に反応して毛穴の毛乳頭にダメージを与えます。日焼けしてしまうと、レーザーが肌の黒色に反応してダメージを与えてしまいます。そのため、日焼けしていると全身脱毛の施術を受けることができません。夏はうっかり日焼けしてしまうこともありますが、そうなると日焼けが収まるまで施術が行えないのです。施術を受けるペースが遅くなり、全身脱毛が完了するまでに長い時間がかかることになります。施術後だけでなく、施術前の日焼けにも気をつけるようにしましょう。